中部・東海の旅行・観光 四国の観光・旅行

【交通費お金の節約・時間の節約】 四国・愛媛県-名古屋間(愛知県)の交通手段 バス・飛行機・新幹線の比較

投稿日:

愛媛県から愛知県名古屋市経由で静岡県浜松市に旅行を計画中の当ブログ運営者(@suketaroh)。

愛媛県から静岡県への直通で行ける手段はありません。

電車であれば岡山県で乗り換えが必要だし、飛行機、またはバスなら名古屋経由になります。

ということで愛媛-名古屋間の交通手段と交通費について調べて見ました。

金額が安い場合は時間がかかるし、早く目的日行こうとすると金額が高くなります。

また、時間にこだわらないのであれば大阪経由名古屋行きという方法も見つかりました。

今回調べた内容をまとめましたのでぜひご覧下さい。

名古屋ー愛媛間の交通手段の比較(バス・飛行機・新幹線)

高速夜行バス

高速夜行バス

高速バスの車内

高速夜行バスが一日一便、名鉄バス・伊予鉄バスの共同運行とJR四国が運行する「オリーブ松山号」があります。

項を分けて解説します。

名鉄バス・伊予鉄バス

料金

金額は閑散期から繁忙期まで4つのカテゴリーに分けられています。

乗り場松茂・徳島三島川之江インター川内インター〜松山室町営業所大洲本町〜八幡浜
大人A7,5009,50011,00011,500
B7,0008,50010,00010,500
C6,0007,5009,0009,500
D4,5006,0007,0008,000
子ども3,7504,7505,5005,750

多くの人の利用が予想される金曜日・土曜日はA(超繁忙期)またはB(繁忙期)に区分されています。

それでも超繁忙期以外は片道10,000円以下で行くことができるのは非常にありがたいです。

時刻

松山-名古屋の所要時間は8〜10時間程度

続いては松山-名古屋間の時刻表について。

八幡浜を20時に出発し、松山市駅には21時30分発。

松山市内と愛媛県東温市川内ICと三島・川之江ICを経由、徳島県八百屋町と松茂(徳島とくとくターミナル)にも周り、車中泊し翌5時45分に名古屋(名鉄バスセンター)に到着
します。

詳しくは以下の通り。

 八幡浜20:00
 西大洲20:15
大洲本町20:20
 松山室町営業所21:15
松山市駅21:30
大街道21:35
道後温泉21:40
余戸南インター22:00
松山インター口22:05
川内インター22:15
三島川之江インター23:03
八百屋町(徳島)0:50
松茂(徳島とくとくターミナル)1:05
名古屋(名鉄バスセンター)5:45
名古屋(名鉄バスセンター)23:00
松茂(徳島とくとくターミナル)3:35
八百屋町(徳島)3:50
三島川之江インター5:37
川内インター6:25
松山インター口6:35
余戸南インター6:40
松山市駅6:55
大街道7:00
道後温泉7:05
松山室町営業所7:15
大洲本町8:10
西大洲8:15
八幡浜8:30

「松山→名古屋行き」と比較して、名古屋発の方が出発時間が遅いため、それに合わせて到着時間も遅くなっています。

松山市駅には6時55分、終点の八幡浜に8時30分に到着。

参考:伊予鉄バス名鉄バス

オリーブ松山号

JR四国が運営する「オリーブ松山号」。

伊予鉄バス・名鉄バスと比較すると超繁忙期はJR四国が若干割高ですが、繁忙期の割引を利用すれば1,000円安くなっています。

発車時刻は松山発が19時13分と伊予鉄バス・名鉄バスより2時間早いんですね。

また到着場所は名古屋駅となっています。

名古屋発の場合、発車時刻はさほど変わりませんが、出発場所は名古屋駅になっているので、注意が必要ですね。

また松山市駅の到着時刻が9時44分。

伊予鉄バス・名鉄バスと比較すると遅くなっているのが特徴です。

料金
運賃表
(大人/運賃:円)
桑名駅前・岩塚駅前・名古屋駅
閑散期通常期繁忙期最繁忙期
普通運賃得割普通運賃得割普通運賃得割普通運賃
JR四国松山支店
松山駅
大街道
天山橋
松山IC口
川内IC
7,5006,5009,0007,80011,00010,00012,000
三島川之江IC7,0006,0008,0007,0009,0008,50010,000
坂出インターBT
高松駅高速BT
ゆめタウン高松
高松中央ICBT
6,0005,0007,0006,0008,0007,5008,500
徳島駅5,5004,5006,8005,8007,5007,0008,000
松茂
時刻表

愛媛→名古屋

JR松山支店19:13
松山駅19:30
大街道19:38
天山橋19:51
松山インター口19:56
川内インター20:06
三島川之江インター20:56
坂出インターBT21:30
高松駅高速BT22:17
ゆめタウン高松22:29
高松中央インターBT22:38
徳島駅23:44
松茂23:59
桑名駅前(有楽町)5:19
岩塚駅前5:52
名古屋駅6:04

名古屋→愛媛

名古屋駅23:00
岩塚駅前23:12
桑名駅前(有楽町)23:45
松茂4:55
徳島駅5:10
高松中央インターBT6:17
ゆめタウン高松6:26
高松駅高速BT6:38
坂出インターBT7:23
三島川之江インター7:57
川内インター9:02
松山インター口9:12
天山橋9:16
大街道9:30
松山駅9:37
JR松山支店9:44

参考 JR四国バス

Willer Travel

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVELを利用すれば、一番格安で名古屋-愛媛間を移動することができます。

名古屋発着の高速バス

で金曜日の夜に出発し片道7,100円で予約しました。

途中バスからバスへ乗り換えが必要になるデメリットが発生します。

しかし安い金額で行きたい場合はとくにオススメです。

名古屋ー愛媛間以外も地方から東京や大阪、福岡への高速バスを利用しての旅行など、交通費を節約したい場合に利用したい予約サイトですね。

WILLER TRAVEL

WILLER TRAVEL

飛行機

飛行機

飛行機による松山空港-名古屋間の移動は選択肢にありませんでしたが、調べてみると意外と有効なことがわかりました。

中部国際空港-松山空港間の運行は1日3便あります。(2019年6月現在)

松山 → 中部
便名松山→中部機種
ANA 182209:45 → 10:50Q4
ANA 3158
IBEX 58
17:15 → 18:15CR7
ANA 182820:50 → 21:55Q4
中部 → 松山
便名中部→松山機種
ANA 182108:10 → 09:15Q4
ANA 3157
IBEX 57
09:55 → 11:00CR7
ANA 182719:15 → 20:20Q4

13,000円前後から18,000円前後で料金は日時や便によって違います。

土日や繁忙期は料金は高いと思われますが、早期予約の方が割安になると思われます。

松山空港-中部国際空港の所要時間は1時間程度で全交通手段の中ではダントツで早く到着します。

しかし中部国際セントレア空港-名古屋駅の所要時間は30分。
松山空港から愛媛県内の各観光地までの商用時間を1時間と仮定。

搭乗手続きなどを含めると合計4〜5時間の移動時間になります。

それでも他の交通手段と比較しても、短い移動時間ですみますね。

先ほどの説明の通り、平日は比較的安いですが、土日や繁忙期は割高となっています。

日時によっては新幹線よりお得の場合もあるので、選択肢の一つに入れておく必要がありますね。

松山空港-中部国際セントレア空港間の航空チケットの購入はskyticketがお得で簡単です。

☆格安航空券、格安ツアーは、旅行情報、激安航空券満載のスカイチケット☆

セントレアから名古屋駅までのアクセスは870円で約30分。

航空券以外にも空港へ行くための交通費が必要になりますが、時間を最優先にする場合には一番いいですね(時間の節約)

旅行・観光の出発前や飛行機で帰路につく前日に空港近くのホテルに泊まると便利ですね。

参考:中部国際セントレア空港

電車・新幹線

新幹線 名古屋駅

大阪や東京に行く場合と同じで、四国からJR岡山駅で新幹線に乗り換えて名古屋に行く方法。

料金は16,000円前後で所用時間は乗り換えを含め、4時間30分から5時間30分。

インターネットが苦手な人にとっては、JR各駅にあるみどりの窓口に行けば親切丁寧、かつ簡単に乗車券を購入することができます。

運賃が割高というデメリットはありますが、一番手っ取り早い購入方法ですね。

岡山から新幹線でなく在来線を利用すればな これより安い可能性もあります。

  • 伊予西条駅-JR岡山駅 所要時間約1時間50分 料金4,500円
  • JR岡山駅-JR名古屋駅 所要時間約6時間 料金6,300円(複数回の乗り換え)

出発時間や到着時間によって違いますが、待ち時間を合わせると8時間以上で11,000円で行くことが可能。

JRおでかけネットより

愛媛県東予-名古屋間の移動について

大阪-愛媛県東予、東京-愛媛県東予間のように今治、西条市、新居浜市から名古屋直通の高速夜行バスはありません。

伊予三島・川之江ICか川内ICの高速バス停留所を利用する必要があります。

旅行であれば伊予三島・川之江ICか川内ICに有料パーキングがあります。

車以外ではどのように高速バスバス停まで行くかは、誰かに乗せて行ってもらうか、公共交通機関を利用するかのどれかになります。

東温市の川内インターチェンジ最寄りのバス停から1km以上あり、アクセスが非常に悪いんですよね。

三島・川之江ICの最寄りの路線バスのバス停から高速バス停までの地図をわかりやすく書いてくれています。

一貫田バス停から高速バス停まで約1キロ、徒歩で12分ほど。

非常に親切ですね。

ちなみに東温市にこのような地図の記載はありませんでした。

どちらがホスピタリティーが優れているか一目瞭然。

新居浜市旧土居町は三島川之江IC、今治・西条は川内インターが近いかもしれません。

しかし川内は先ほどの通りアクセスが悪いので電車で三島駅下車タクシーかバスで三島川之江ICを目指す方をお勧めします。

JR三島駅からタクシーに乗って行くと便利かもしれません。

名古屋から愛媛県東予地方への高速バス旅行でも、三島川之江インターからの方が便利かもしれません。

とにかくわかりやすいのがポイント高いですね。

また高速バスで東予-大阪を移動し、大阪からJR在来線か近鉄で名古屋まで行く経路でもいいかもしれません。

料金は以下の通り。

  • バスが4,990円
  • 在来線が3,500円前後

合計で8,500円

所要時間はバス5時間、在来線3時間30分の8時間30分。

移動時間は記事内で紹介している交通手段の中で最長になりますが、意外と安く行けます。

大阪-愛媛東予間の高速バスの紹介や乗り方は以下の記事にて紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

またオレンジフェリーで大阪まで移動し、その後、在来線を利用する方法。

フェリーは季節変動運賃や混雑状況による運賃変動もあります。

7,560円のフェリー代、そして3,500円程度の電車代で名古屋まで行くことができます。

時間もかかる上に料金も高速バスよりやや高め。

上記にあげるようなデメリットもあります。

しかしフェリー好きやフェリー業界初、全室個室のオレンジフェリーに乗ってみたい方はオススメの旅行プランです。

名古屋 愛媛間の高速夜行バスより時間に幅がでる交通手段の一つです。

交通手段一覧

ここまで紹介した愛知県名古屋市-愛媛県の交通手段の比較についてまとめてみました。

交通手段金額(片道)片道時間座席快適度コメント
高速バス(夜行バス)5,700円〜11,500円8〜10時間複数の運行バスあり
飛行機13,000円〜1時間5分狭い平日利用なら安くて早い
JR新幹線国内旅行16,000円〜約6時間快適チケットの購入が簡単
電車(在来線)11,000円〜8時間以上時間がかかる(時間的に融通がきく)
高速バス(大阪)と電車の併用8,500円〜8時間以上時間がかかる(時間的に融通がきく)
オレンジフェリーと電車の併用11,660円18時間以上旅行好きにとっては面白い旅になるかもしれない

今回はいつもと違い、自家用車については言及しませんでした。

長距離運転をするつもりがなかったので選択肢になかったからです。

ひとり旅なので高速道路料金とガソリン代は全額自己負担。

それなら少しても面白い方法で旅行しようと思って調べた結果でした。

まとめ

旅行

四国から名古屋(名古屋→愛媛)の移動手段・交通手段をテーマに書きました。

今回調べた中では最安値はでWILLER TRAVELでの予約を行なった高速夜行バス。

一番早い交通手段は空港間の移動時間が約1時間の飛行機という結果になりました。

名古屋愛媛間の高速夜行バスは夜出発の一日一便です。

高速バスを利用し、大阪経由で名古屋に行く方法や新幹線を使わずに在来線のみで愛媛から名古屋を目指しても意外と面白いかもしれません。

時間に余裕がある人や学生さんの旅行にお勧めです。

スポンサーズドリンク

-中部・東海の旅行・観光, 四国の観光・旅行
-

Copyright© すけたろう雑記帳 , 2019 All Rights Reserved.