四国の観光・旅行

愛媛県松山市から大阪への行き方 どの交通手段が楽で安いかを検証してみた

更新日:

愛媛県の道後温泉は楽天トラベルが選ぶ「女性一人旅温泉地ランキング」に選ばれたと、ニュースになりました。
観光地として愛媛県は人気なんですよね。
観光・旅行だけでなく出張や就活など、愛媛−大阪間を移動する人は大勢います。

愛媛県から大阪へ行く人だけでなく、大阪から旅行で愛媛に来る方のために、安くて便利な交通手段をまとめてみました。

交通手段・金額・時間の比較

バスの車内

交通手段 金額(片道) 片道時間 座席快適 コメント
高速バス(JR四国バス) 5,000円 6時間8分 3列席 安い
高速バス(いよてつバス) 6,900円 5時間40分 3列席 大阪いっ得きっぷが使える
飛行機(格安航空券) 3950円〜 50分 狭い 平日利用なら安くて早い
JR新幹線国内旅行 10,410円 3時間27分 狭い 乗り継ぎが面倒
オレンジフェリー 7,350円 8時間 全室個室 夜寝て起きたらついている
自家用車 9,350円〜 約4時間 - 時間が自由

長距離高速バス

高速バス

節約・お得に大阪に行きたいなら(その逆も)長距離高速バスがもっともおすすめ。
JR四国バスといよてつ高速バスという二つのバスがあります。

JR四国バス(株)・西日本JR(株)

JR四国バスと西日本JRバスが運行している「松山エクスプレス号」を利用すれば6時間程度で大阪に到着します。

通常片道運賃は6,900円ですが、早割5を利用すれば5,000円と最安値(深夜バスでは、早割は使えません)。

引用
JR四国バス

いよてつ高速バス

夜行バス愛好者ならお馴染みの老舗路線の「オレンジライナーえひめ」。
通常価格はJRバスと同じです。
しかし割引があるJR四国バスの方が安いです。
割引がない値段設定ですが、「関西空港行リムジンバスのセット割引」や、往復乗車券+100円で、大阪市交通局の地下鉄・路線バス・ニュートラムの1日乗車券がついてくる『大阪いっ得きっぷ』があります。

1日乗車券に大阪城天守閣・通天閣など約30箇所の施設で割引特典もあるので、大阪観光であっちこっちいきたい人なら、こちらを買ったほうがお得かもしれません。

大阪から愛媛に来る場合はJR四国バスの方がお得ですね(^_^;)。

引用
オレンジライナーえひめ

格安航空 LCC(ジェットスター ピーチ) 松山-関空線

飛行機

格安航空のジェットスターとピーチが松山空港に就航してから東京や大阪への行くのが安くて、楽になりました。
平日なら大阪-松山が最安値の3,950円とかなり格安。
関空から大阪市内中心部にいくのが面倒ですが、関空まで1時間足らずで行けるのは魅力的です。
チケット購入はスカイチケットが便利でした。

カレンダーで価格帯の表示がされているのでわかりやすかったです。

ただし、便数が少なく休日料金が結構高いので注意が必要。
座席も狭いです。

電車と新幹線(JR線)

新幹線

JR特急しおかぜで松山から岡山までいって、岡山駅で新幹線のぞみで大阪までいく場合、乗車時間は約3時間30分。
バスに比べると早いですが金額が高いのがデメリット。
しかも乗り換えもあるので意外と疲れます。

大阪-神戸辺りでJRをよく使う場合は「阪神往復フリーきっぷ」を利用するとお得。
新幹線のぞみ・みずほの普通車指定席が指摘でき、阪神フリー区間の乗り降りが自由になります。

4日間の間で新幹線に乗り継ぎで松山から大阪に行き、大阪市内のJRを利用し、神戸まで戻って神戸-岡山を新幹線経由にのり、松山に帰るという使い方のできます。

大阪に行ってJRをよく使う場合なら高速バスよりもお得になるかもしれません。

オレンジフェリー

オレンジフェリー

愛媛県西条市の東予港から発着しているオレンジフェリー。
東予港と大阪南港を結ぶ海の便。

瀬戸大橋や明石海峡大橋、しまなみ海道など四国と本州をつなぐ橋ができる前は愛媛ー大阪間を移動する主要交通機関でした。

近年は利用客が減少で、新造船投入で巻き返しを図るオレンジフェリーは、全室個室の旅客船ということでテレビ東京系の経済情報番組「ガイアの夜明け」でも取り上げられていました。

所要時間は8時間。
東予港・大阪南港とも、夜の10時に出発し、朝の6時到着します。

時間はかかりますが、寝て起きたら大阪に到着しているのでとても便利です。

愛媛から大阪USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)へ行くには断然便利!!

意外と知られていませんが、東予港からJR松山駅まで有料の連絡バスも出ているので便利です。

東予港から大阪へ行く場合は、松山市駅から20時20分に連絡バスが出ています。
大阪から愛媛に行く場合は、東予港発6時50分で松山市駅7時40分に到着します。

僕も年末にオレンジフェリーを利用しました。
当ブログで紹介しているのでぜひご覧下さい。

オレンジフェリーの新造船 おれんじおおさかの就航 新料金や時刻表・アクセス・利用方法の紹介

「旅行」「観光」にぴったりなんです。

参照
オレンジフェリー 松山までの連絡バス時刻表

自家用車

軽自動車

松山インターチェンジから梅田まで検索してみました。
軽自動車で割引を利用した場合は1万円を切る価格。
時間も約4時間で到着します。

別途ガソリン代や大阪では駐車料金が必要です。

運転が好きな人や時間に縛られたくない人にとっては一番いいかもしれません。
荷物が多い場合なども便利です。

参考
西日本ネクスコ



まとめ

平日利用ならLCC、安く移動したい場合はJR四国バスといった使い分けをしてもいいですね。
高速バスの最終便は、夜に出発して朝大阪梅田に到着する夜行バスとなっています。

個人的には自家用車で大阪まで行くことが非常に多いです。

実は愛媛県でも松山から大阪へ行く場合と今治市・西条市・新居浜市・四国中央市のある「東予」から大阪へ行くのとでは若干の違いがあります。
(その逆も然り、です。)

そこらへんはまた別記事にて紹介したいと思います。

スポンサーズドリンク

-四国の観光・旅行
-, , ,

Copyright© フィールドログ , 2019 All Rights Reserved.