スポーツ

東京オリンピック 観戦チケットの購入エントリー方法と高当選倍率のチケットゲット確率を上げる5つのコツ

更新日:

2020年に控えた東京オリンピック・パラリンピックのチケット価格と購入方法が発表されました。

予約抽選エントリーは2019年春から開始されます。

四国ではオリンピック開催とは無縁です(^_^;)。
しかしぜひ東京へ行ってオリンピックを直接観戦したいと思っています。

今回は

すけたろう
東京オリンピックをじかに観に行こう!

と思っている人のためにチケットの予約エントリー方法や販売場所をまとめました!

東京オリンピックの日程

東京オリンピック

ポイント

東京オリンピック日程:2020年7月24日(金)~8月9日(日)
日数:17日間

ポイント

東京パラリンピック日程:2020年8月25日(火)~9月6日(日)
日数:13日間

(開会式7月24日以前に予定が組まれているサッカーなどの例外あり。競技種別ごとの日程をご参照ください。)

チケットの種類と価格

チケット販売所

開会式や閉会式、各競技によりチケット価格が違います。

チケットの種類は「A」・「B」・「C」・「D」・「E」までの5段階に分けられています。

『A』がもっとも高く、『E』がお手頃価格に設定。

東京オリンピックの最低価格、最高価格は以下の通り。

最低価格 最高価格
開閉会式 12,000円 300,000円
競技一般 2,500円(サッカー女子予選) 130,000円(陸上競技決勝)

一番高いのは開会式の30万円。
競技で一番高いのは陸上競技決勝(男子100m決勝)の13万円。
いずれもチケットの種類は『A』ですね。

一番安いのは女子サッカーの予選で『E』の2,500円。

各競技のチケット価格は東京オリンピック公式サイトで紹介されています。
「東京オリンピックチケット当選倍率」の項で、人気で入手困難が予想される野球とサッカーの価格を紹介しています。

チケットの買い方・購入方法

新国立競技場

2019年1月31日に発表されたチケットの購入方法について解説します。
日本国内の一般販売の開始時期です。

チケット販売開始は以下のようになっています。

  • オリンピック:2019年春
  • パラリンピック:2019年夏

2019年春からチケット販売のエントリー抽選を開始し2019年6月中旬に抽選結果が発表されます。
この抽選に外れても2019年秋以降に先着順販売が開始されます。
2020年の春以降には「公式チケット販売サイト」、東京都内に設置予定の「チケット販売所」、最終的なチケットを販売する「公式リセールサービス」で購入可能となっています。

そしてチケットの受取りは2020年春以降の予定となっているんです。

公式チケット販売の流れは以下の通り。

東京オリンピック 抽選申し込み受付日程参照
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページ

抽選販売・先着順販売・直前一般販売の3回あるチケット購入チャンス。
まず初めに抽選申し込みが2019年春から始まります。

抽選申し込み手順

チケット購入には TOKYO 2020 ID の登録(下記)が必要です。
オリンピックチケットのID登録自体は2018年7月からID登録が始まっています。

TOKYO 2020 IDに登録を行い2019年春に開設される「東京2020大会公式チケット販売サイト」へアクセス。
そして観戦したい競技のチケットの座席の種類や枚数を申し込みます。

抽選の結果発表が行われ、見事当選した場合は支払いと受け取り方法を選択。
支払い手続きが完了すれば2020年にチケットを受け取ります。

とにもかくにも、TOKYO 2020 IDへの登録が必要です。

東京オリンピック チケットの倍率

スポーツ競技

  • 野球
試合内容 A B C D E
予選(男子) 13,500円 11,000円 7,000円 4,000円 -
予選(男子) 15,500円 12,000円 8,000円 4,000円 -
ノックアウトステージ(男子) 23,000円 18,000円 12,000円 6,000円 -
準決勝(男子) 31,000円 24,000円 16,000円 8,000円 -
3位決定戦(男子) 45,000円 36,000円 20,000円 9,000円 -
決勝(男子) 67,500円 54,000円 30,000円 10,000円 -
  • サッカー
試合内容 A B C D E
予選(2試合)(男子) 9,800円 6,500円 5,500円 3,000円
準々決勝(男子) 21,000円 12,800円 7,500円 5,800円
準決勝(男子) 30,500円 17,500円 12,500円 7,500円
3位決定戦(男子) 30,500円 17,500円 12,500円 7,500円
決勝(男子) 67,500円 30,000円 15,000円 9,800円
予選 (1試合)(女子) 6,500円 4,500円 3,500円 2,500円
予選 (2試合)(女子) 8,000円 6,000円 4,000円 3,000円
準々決勝(女子) 15,500円 8,000円 6,000円 4,000円
準決勝(女子) 21,000円 12,800円 7,500円 5,800円
3位決定戦(女子) 21,000円 12,800円 7,500円 5,800円
決勝(女子) 45,000円 24,500円 12,500円 7,500円

上記にサッカーと野球のチケット価格を表示しました。
人気のあるサッカー・野球のチケットは比較的、お手頃な価格に設定されているということです。

人気があり、価格も低めに設定されているということでチケットの入手の困難が予想されます。

どのくらいの倍率になるのでしょうか?

2002年日韓ワールドカップの時のチケット当選倍率を表示したサイトがあったので参考にさせてもらいました。
チケット問題に揺れた日韓ワールドカップの申し込みは当選倍率70倍を超えたと言われています。
日本戦に関しては1,000倍を超えたチケットもあったそうですね。
めっちゃすごい!

また2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップでは人気の試合の倍率が9倍を超えたというニュースもありました。

2018年に開催されたロシアW杯のチケット当選倍率はどこにも載っていませんでした。

上記のことからサッカーや野球はチケット価格の安さと相まり、相当な当選倍率になることが予想されます。
「相当な倍率」って日本戦に関しては100倍や200倍は優に超えるんじゃないでしょうか?

どのくらいの抽選倍率になるかは、おそらく公表されるのはず。
非常に楽しみです!

人気のあるチケットの当選確率を少しても上げる方法

では人気のある入手困難と思われるチケットをゲットするために、どのようにすれば良いでしょうか?
次に紹介していきます。

2020の特別チケットを狙う

一般チケットとは別に、開閉会式を含めた全競技のグループ向けチケットや2,020円で購入できるチケットの販売も予定されています。
チケットの種類による対象者概要まとめました。

対象者
一般チケット 特になし
車いすユーザーチケット 車いすで観戦をされる方
東京2020みんなで応援チケット 12歳未満の子ども、60歳以上のシニアの方、障がいをお持ちの方を1名以上含む家族やグループ
東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージ 一般観客(法人/個人)
東京2020オリンピック公式観戦ツアー 一般観客(法人/個人)
学校連携観戦プログラム 東京都、その他会場所在地都道府県、被災地をはじめとした全国各地の小学校から高校および特別支援学校等の児童・生徒

参考
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページ「チケットの種類」

車椅子ユーザーのためのチケットや学校単位のチケットなどがあります。
目玉はなんといっても2,020円で購入できるチケットです。
オススメは12歳未満の子供と60歳以上のシニアの人が1名以上含む家族やグループで購入できるチケット。

詳しくはTOKYO 2020のサイトで紹介されています。

家族のIDを登録する

家族にお願いしてTOKYO2020 IDを取得してもらい、抽選申し込みに申し込むという手法。
家族が大勢いる方が有利ですね。

一人で申し込むよりも、複数人で申し込んだ方が当然確率は上がります。

心配なことは、ゆるキャラグランプリのような大量アカウント取得による不正が行われないかということですね。

申し込みを小分けにする

4人で観戦したい場合4枚分を1つの名義で応募するよりも、2人分を2つの名義で申し込む方がチケットを計4枚確保できる確率はずっと上がるのではないでしょうか?
もし外れれば4人全員で見ることができなくなってしまいます。

  • どちらでも構わない
  • あれば観戦に行く

という人を誘っておけば後々、揉めることはないでしょう。

平日開催を狙う

野球は横浜スタジアムがメイン会場。
福島の県営いわき球場でも試合が行われます。

サッカーも新国立競技場・横浜国際総合競技場・東京スタジアム・埼玉スタジアムのほか、鹿島・宮城・札幌でも試合が行われます。

平日開催の試合でなるべく東京都から離れた会場で行われる試合を狙った方が当選確率は高まると予想されます

また人気のある競技でも、オリンピックは必ずしも土日に準決勝や決勝が行われるわけではありません。
意外と狙い目です。

先着順販売を狙う

序盤の抽選販売で一般人向けに売られるチケットはそう多くはないと思われます。

ニュースでは「東京五輪チケット 倍率●倍!」とか騒がれるでしょう。

しかし焦らなくても大会が近くなればなるほど、関係者枠や警備枠などの座席確定に伴って解放される座席が増える可能性が大です。

最初一般向けに売られずガードされていた枠は、開催が迫ってから一般向けに追加販売されるとなればなかなか良い位置になることも期待できます。

まとめ

オリンピック開催

2019年1月31日に東京オリンピック開幕式と閉幕式、そして各競技のチケット価格とチケット購入方法が決定しました。

  1. 2019年春からチケット販売の抽選エントリーがはじまる
  2. 購入するには『TOKYO 2020 ID』のサイトで登録を行う
  3. 2019年春に開設される販売サイトで観戦したい競技のチケットを検索
  4. 座席数や座席の種類を指定

抽選で当たって人は支払いを行い2020年春に販売したチケットを受け取ることができるようになります。

どの競技を観戦したいかにもよりますが、入手こんなチケットもある反面、あまりが出る可能性のあるチケットもあるはず。
普段はテレビ観戦のみの方は、せっかくの自国開催のオリンピック。
手に入れやすいチケットを購入して東京に出かけ、オリンピック観戦してみてはどうでしょうか?

有給が取れる環境にあるならぜひおすすめです。

個人的にはサッカーのチケットを狙っていますが、もしダメなら他のチケットを購入してぜひ東京オリンピックの雰囲気を味わいたいと思っています。

オリンピック観戦については非常に興味があるので、また記事にしていきたいと思います。

愛媛から東京への行き方をまとめました。
愛媛から東京へ行く人だけでなく、東京から愛媛へ行く場合にも見ていただければ嬉しいです。

スポンサーズドリンク

-スポーツ
-, ,

Copyright© フィールドログ , 2019 All Rights Reserved.