料理 野菜の育て方

野菜の栄養成分は昔と比べて減っている 味も以前より落ちている

更新日:

20年前と比較して栄養価が落ちている野菜

yasai0I9A8020_TP_V

野菜の栄養価が昔より今の方が少なくなっているそです。

2013年1月のマイナビニュースにて「ホウレンソウやその他の野菜に含まれるビタミンCが20年前の半分に」という風な記事が掲載されました。
現在マイナビニュースの記事はリンク切れとなっていますが、検索してみると「All About」で2006年に掲載された記事について言及しています。
https://allabout.co.jp/gm/gc/298698/

2001年3月22日付けの朝日新聞で、「ホウレンソウに含まれるビタミンCが、20年前の半分に」という記事があったそうです。

栄養価が低下している野菜一覧

例えば下記の野菜について100グラムあたりのビタミンCの含有量が20年前と比べて低下しているらしいです。

  • ニンジン........7mgから4mg
  • トマト.......20mgから15mg
  • ほうれん草.......65mgから35mg
  • ブロッコリー……160mgから120mg
  • チンゲンサイ……29mgから24mg
  • 大根……15mgから12mg
  • モヤシ……16mgから8mg
  • パセリ……200mgから120mg
  • ニガウリ……120mgから76mg
  • ニラ……25mgから19mg
  • 小松菜……75mgから39mg
  • シシトウガラシ……90mgから57mg
  • シソ……55mgから26mg

といった数値に低下しています。

ビタミンC以外でも、ビタミンA、鉄分、カルシウムなどの栄養素が低下しています。

五訂増補日本食品標準成分表

スポンサーリンク

野菜の栄養価が低下している理由

どうして野菜の栄養価が落ちているのでしょうか?

先ほど紹介したAll Aboutの記事によれば季節外れの野菜は栄養価が低いそうです。
確かに、夏に栽培するキャベツと冬に栽培するキャベツは明らかに冬キャベツの方が美味しいです。

産地ではない夏キャベツ栽培の反省と対策

 

収穫後の葉が紫色のキャベツとキャベツのわき芽と尖ったキャベツ

逆にビニールハウス栽培により冬でもトマトなどの夏野菜を簡単に食べることができますが、冬に採れるトマトより真夏に取れた完熟のトマトの方が断然美味しいです。

品種改良で冬野菜のホウレンソウも春や夏に収穫し食べることができますが、やはり栄養成分が違うそうです。

旬の野菜の方が栄養価は高い!
旬の野菜は美味しく健康にも良い!

ということです。

家庭菜園をしている人であれば成分分析をしなくてもなんとなく感覚で理解できますね。

そのほかに化学肥料の多用や流通過程の問題(熟れる前に収穫)があります。

化学肥料を使用すると「土、土地が痩せる」と言われています。
痩せた土に化学肥料を与えても美味しい野菜はできません。

有機肥料を利用し、肥えた土で野菜を作る必要があります。

また流通のことを考えて完熟前に収穫し、運ばれてくる間に熟れる野菜というのは栄養が足りない状態で収穫しています。
なので栄養価が低くなります。

バナナは完熟する前に収穫し、コンテナ船で運ばれ、そして日本についてから数日間倉庫で熟れさせてからスーパーなどの店頭に並びます。

スーパーで緑色のまだ若いバナナが販売されていることもしばしばあります。

完熟したバナナはめちゃくちゃ美味しいそうです。
市販されているバナナと完熟してから収穫するバナナを比べると栄養価もかなり違うのでしょうね。

まとめ

ELFA_tomatoIMG_2835_TP_V

自家製の野菜の成分分析はしたことはありません。
もし成分分析ができるなら平均値とどのくらい違うのか非常に興味深いです。

栄養価が高い野菜の方がやはり美味しいのかそれともさほど変わらないのか面白そうです。

五訂増補日本食品標準成分表

※以前運営していたブログからの抜粋となります。
記事は2013年に作成しました。

-料理, 野菜の育て方
-,

Copyright© フィールドログ , 2017 All Rights Reserved.