スポンサーズドリンク




ブロッコリー 野菜

取り切り野菜のブロッコリーを2度楽しむ方法

更新日:

dsc03546

成長したブロッコリーの収穫

dsc03536

どもー。

栽培中のブロッコリが大きくなり、続々と収穫して出荷している最中。
手のひらよりも大きくなったブロッコリーを選別する。

包丁を使い収穫するが、根元から摂らずに、なるべく蕾に近い方から切りとる。
ブロッコリーの茎を料理して食べる地域もあるみたいだが、そうでなければ茎は残しておいたほうが後でもう一度ブロッコリーを楽しむことができる。

収穫したあとのブロッコリー

dsc03539

野菜には2種類ある。
キュウリやトマトなど蔓や茎に次から次に身がなっていく野菜とキャベツや白菜など一度収穫すると終わりの取り切り野菜。

ブロッコリーは後者の一度収穫で終わりの取り切り野菜。
だが、収穫後茎を多めに残しておくと写真のように脇芽が出てくる。

最初に収穫したブロッコリーほど大きくならないが、ある程度は大きくなるしいつくか複数できるので、結構な量ができる。
これがブロッコリーを2度楽しむ方法。

2016年ー2017年 冬の気候

例年なら10月半ばから11月の初めに石鎚山は雪が積もり綺麗な景色になるのに今年2016年は12月に入っても雪景色は全く見ることができず、ここ2、3日でようやく雪の石鎚山を拝むことができた。

dsc03288

冬らしい寒さになってきた。
つい、一週間前までは「これが12月か?」という気温と雨の連続。

dsc03540

野菜も成長速度が半端ない。
この暖かさのおかげで野菜の成長スピードも凄まじく早かった。
定植が遅かったので、1月半ばから収穫予定だった白菜、キャベツ、ブロッコリーも収穫、出荷を始めている。

dsc03533

今朝収穫に行く花が咲き始めたブロッコリを見つけてしまった・・・

収穫したブロッコリーの脇芽を楽しむ記事は本当なら3月初めくらいに記事にしようと思っていたのだが、まさか年末に書くとは思っていなかった。
とにかくあったかい。

まとめ

農作物が勢いよく成長してくれるのはありがたいが、季節通り寒くなってほしい。

ではまた、バイビー。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ブロッコリー, 野菜
-, ,

Copyright© フィールドログ , 2017 All Rights Reserved.