スポンサーズドリンク




Web・コンピューター アプリ 家電・電化製品

おすすめ全天球カメラのリコーTheta SとiOSアプリ「ストリートビュー」の比較

更新日:

以前からずっと気になっていたリコーの360度パノラマカメラ「Theta S」を購入しちゃいました! thetaと書いてシータと読みます。 360度どこからでも見る事のできるパノラマカメラです。 これがあれば、Google マップで360度パノラマで画像を見られるストリートビューに個人でも簡単に投稿することができます。 今まではスマートフォンのストリートビューアプリでストリートビューに投稿していましたが、thetaで360度画像を撮影した感想などを紹介します。 ストリートビューにもそれなりの良さがあるのでそれぞれの長所と短所について書いていきます。

リコーの360度パノラマカメラ

数年前に発売されたThetaシリーズ。 360度パノラマの画像撮影できるということでとても人気があります。 2017年には4K対応のTheta Vが発売されています。

Thetaの長所

加茂川河川敷 西条祭り 仮駐車場予定地 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

  • ワンタッチで簡単に撮影できる
  • お手軽
  • 動画が撮影できる
  • マニュアル設定で星空を撮影する事ができる
  • 動画撮影
  • SNSに投稿

iPhoneで夜景や星空を撮影できませんが、Theta Sはボタン1つで簡単にパノラマ写真を撮影できる手軽さと星空を撮影できる機能はすごいです!! 感動しました! ストリートビューに投稿できませんが、360度パノラマ動画を撮影し、YouTubeに投稿できるのもすごく良いです。 YouTubeの360度動画はパソコンでChromeのブラウザで360度の動画を見る事ができます。

スマホで見る事ができないので360度閲覧機能ができると良いです。 基本的にはRICOH thetaの専用のアプリを利用することで撮影した画像をブログに貼り付けることができます。 また、YouTubeの他にインスタグラムやTwitterに投稿することができます。 https://theta360.com/

短所

  • 値段が高い
  • 自撮りしたくないときは自分が映る
  • 三脚があったほうが良い

今回中古でtheta sを購入しましたが、新品だと30,000円以上します。 4K対応の新型の「Theta V」は5万円以上します。 発売元のRICOHはかなり強気の値段設定ですね。 個人的にはそれだけの価値のあるものだと思います。 へそくりが足りなかっただけorz 自分が率先して写りたい人や自撮りしたい人はいいのですが、ストリートビューに投稿する場合は極力自分は写りたくないものです。 自分で手に持って撮影するときは自分の顔が写ってしまいます。 一眼レフやビデオカメラに使用する三脚などの機材が必要になります。

Googleストリートビューアプリ

以前はPhoto Sphere(スフォトスフィア)と言うスマホ用アプリケーションでした。 通常のGoogle マップアプリではストリートビューを確認できません。 しかしストリートビューアプリを使えばパノラマ画像を見ることができます。 また、自分が撮影したパノラマ画像を投稿することもできるアプリです。

Google ストリートビュー カテゴリ: 旅行 現在の価格: 無料

長所

  • Googleストリートビューと連携していて撮影後スムーズに投稿できる
  • お金がかからない

アプリ内のカメラを使用するので撮影後すぐにストリートビューに投稿する事ができます。 とても便利。 もちろんスマートフォン場合は必要になります。 アプリとスマホがあれば、パノラマカメラを撮影できます。 thetaで撮影するときに必要な三脚は必要ありません。

短所

  • 撮影するのに時間がかかる
  • 見た目が恥ずかしい
  • 動画は撮影できない

何枚も写真撮影してつなぎ合わせて360度のパノラマ画像を作成するので時間がかかります。 thetaで数秒できます済むところが、スマホでの撮影だとストリートビューへのアップロードを含めると5分以上かかる時もあります。 あとは自分を中心にクルクル回りながら撮影するので恥ずかしいです。 360度パノラマカメラを知らない人は

すけたろう
あの人何してるんだろう?
って感じです。 Thetaとの比較になるのですが、ストリートビュー専用アプリなので動画は撮影できません。 動画機能が使いたい場合はThetanaなどの専用機器が必要になります。

360°パノラマ写真をブログ記事などに埋め込む方法

リコー製品を持っていなくてもTheta360.comへの投稿が可能

「ストリートビュー」のレビューで使用した画像はグーグルマップに投稿したストリートビューからの埋め込み画像です。 同じ画像をTheta専用アプリを利用すれば「Theta360.com」に投稿し、WordPressなどのブログやウェブサイトに埋め込むことができます。 パソコン専用アプリをダウンロードしてアプリを起動、ドロップ&ドラッグで360°パノラマ写真をアプリに取り込みます。 360°パノラマ写真投稿後にメニューバーの一番右側の「theta360.com」から投稿をクリックします。 投稿したパノラマ写真の下にある「埋め込む」をクリックしてコードをコピーします。 これでブログなどに貼り付けると360°パノラマ写真を載せることができます。

加茂川川入りの時は進入禁止の橋 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

とっても簡単でした。

グーグルマップからストリートビューやパノラマ写真をブログに埋め込む方法

グーグルマップからの360°パノラマ写真を埋める方法はストリートビューを見るための黄色い人をクリックし、ブログ記事に載せたいパノラマ写真を選択、右上の検索バーの右側にある三本線をクリックします。 「画像を共有または埋め込む」をクリックし、コードをコピーし、貼り付けたいブログ、webサイトなどに貼り付けます。

まとめ

結論はRICOH Theta Vを購入してもお買い得ということです。 また、Theta以外にも、最近発売されたInsta360などのパノラマカメラがあります。

Amazonや価格ドットコムなどの比較サイトでレビューをチェックしてから購入しても遅くありません。 YouTubeに3D動画を投稿できるし、ストリートビューにも投稿できます。 とりあえず、Google認定フォトグラファーを目指そうかなと考えています。 Google認定フォトグラファーの道のりも後日ブログで紹介したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Web・コンピューター, アプリ, 家電・電化製品
-, , , ,

Copyright© フィールドログ , 2017 All Rights Reserved.