mamp




カスタマイズ ワードプレス Web・コンピューター

MAMPを使ってローカル環境でWordPressを動かす方法

ブログやアフィリエイトを行っている人の多くはWordPressを利用していると思います。

WordPressを利用してWeb上に公開するには、サーバーとドメインが必要。

いきなりサーバーとドメインを契約して、WordPress環境を整えるのがハードルが高いと感じる人もいるのではないでしょうか?

契約したけどすぐに辞めてしまうとか・・・

今回はサーバーやドメインを契約せずに、自分のMac(パソコン)内にWordPress環境を作る方法について解説していきます。

Macやパソコンがあれば簡単にできるんですよね。

このことをローカル環境と言います。

MAMPというソフトを使用し、ローカル環境を構築、その上でWordPressを動かしてブログ記事を投稿できるまでを紹介していきます。
(今回の環境は、Mac OS X Sierra バージョン10.12.6を使用しています)

WordPressのローカル環境に便利なMAMPとは?

mamp

WordPress環境を構築するにはPHPやWebサーバ、データベースが必要になります。

自分で個別にインストールしたり環境を構築したりするのは、面倒で難しいんです。

これでは専門的な人しかできませんよね。

そこでMAMPを使います!

MAMPとは、Macintosh・Apache・MySQL・PHP を省略した名前のことで、これらを一括で簡単にインストールできるようにパッケージングしてあります。

公式サイトからMAMPをインストールしてアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップするだけで、環境構築に必要なPHP、Apache(Webサーバ)、MySQL(データベース)を簡単にインストールできるんです。

それではMAMPをインストールするところからはじめていきます。

MAMPをインストール

mamp

それでは、MAMPをインストールしていきます。

MAMP公式サイトに移動します。

下記の部分からダウンロードのサイトに移動します。

mamp

インストーラーパッケージを選択。

mamp

左上がMacで、右上がWindows。

ダウンロードしたインストーラーを起動します。

mamp

MAMPのインストールが始まるので、説明に沿って進めるとインストール完了できます。

MAMPの初期設定

ダウンロード・インストールが完了したら、Macの場合はLaunch Padの中にMAMPが追加されました。

MAMP

クリックするとパスワードを求められます。

MAMP

Macの環境設定でパスワードを無効にすることもできます。

ここからMAMPの設定について解説します。

Port設定

続いてインストールしたMAMPを起動させます。

起動した後、左側の歯車マークの設定ボタンをクリック。

mamp

ポートの設定を行います。

それでは、まずPort(ポート)と書かれているタブをクリックします。
初期設定では
・Nginxポート:「 7888 」
・MySQLポート:「 8889 」

以下の画像のように
・Nginx ポート:「 80 」
・Apacheポート:「 8888 」
・MySQLポート:「 3306 」

MAMP 環境設定

変更し、終わったら「 OK 」をクリック。

ポートの設定は以上。

MAMPを起動&PHPの動作確認

「 サーバーを起動 」のボタンをクリックします。

MAMP

2つのボックスが緑色になっていれば、正常にサーバが起動されています!

WordPressをインストール

WordPressをインストールします。

WordPress公式サイトより、Zipファイルをダウンロードします。

公式サイトから『WordPressを入手』をクリック。

WordPress ダウンロード

続いてどのバージョンをダウンロードするかを選択します。

『すべてのリリース』をクリック。

WordPress ダウンロード

WordPressのバージョン5『Gutenberg』は、4までとユーザーインターフェース(UI)がまったく違うんですよね。

なのでVer4をダウンロードしインストールしたいと思います。

WordPress ダウンロード

WordPress ダウンロード

先ほどダウンロードしたWordPressのZipファイルを展開すると、「wordpress」というフォルダが出てきます。

次は、「 wordpressフォルダ 」の中身を「 htdocs フォルダ」の配下にコピーします。

「 htdocs フォルダ」がどこにあるかわかりづらい場合は以下のところから移動します。

環境設定のボタン(左の歯車)をクリック。

『Web Server』をクリックするとドキュメントルートが表示されます。

MAMP Web Server

パス: Macintosh HD>アプリケーション>MAMP>htdocs

右矢印ボタンをクリックすると「 htdocsフォルダ 」に移動します!

htdocsフォルダにWordPressフォルダに入っているファイルをすべてコピー&ペースト、または移動させて完了。

MAMP WordPress

データベースの作成

WordPressは、データベースを使ってユーザーが書いたブログ記事を保存しています。

なので、WordPressで利用するデータベースの作成をしていきます。

MAMP管理画面の真ん中のボタン『Open WebStart page』をクリック。

Open WebStart page

 

次に『ツール』の中の『phpMyAdmin』をクリック。

MAMP

データベースに移動できます。

「 NEW 」をクリックして、新しいデータベースを作成していきます。

データベース名をアルファベットで入力し『作成』をクリック。

MAMP データベース

MAMP データベース

 

データベース名:
照合順序: utf8_general_ci

を選択して、作成ボタンをクリックするとデータベースが作成されます。

WordPress準備は整いました。

MAMP データベース

次は、初期設定を行なっていきます。

WordPress初期設定

MAMP管理画面の真ん中のボタン『Open WebStart page』から『私のウェブサイト』をクリック。

MAMP

「さあ、始めましょう!」をクリックして、WordPress設定。

WordPress 初期設定

次の画面に進むと、

  • データベース名
  • データベースのユーザー名
  • データベースのパスワード名
  • データベースのホスト
  • テーブル接頭辞

を入力する画面が表示されます。

WordPress 初期設定

データベース名には、先ほど作成したデータベース名を入力します。

ユーザー名は、MySQLにはじめから作成されている「 root 」というユーザー名を入力します。
パスワードには、ユーザー「 root 」にはじめから設定されている「 root 」というパスワードを入力してください。
データベースのホスト名は、「 localhost 」のままで結構です。テーブル接頭辞も、「 wp_ 」。

入力が終わったら、送信ボタンをクリック。

すると、以下のような画面が表示されます。

WordPress 初期設定

この画面が表示されれば、インストール準備が整ったということになります。
「インストール実行」ボタンをクリック!

「インストール実行」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

WordPress 初期設定

この必要情報については、自分好みに入力していただいて構いません。

  • サイトのタイトル
  • ユーザ名 (半角英数字、スペース、下線、ハイフン、ピリオド、@ のみ利用可能)
  • パスワード (忘れないように、覚えておいてください!)
  • メールアドレス

を入力できましたら、「 WordPressをインストール 」をクリック。

「 WordPressをインストール 」をクリックすると、
ユーザー名 と パスワード(伏せ字)で表示されます。

WordPress 初期設定

「 ログイン 」ボタンをクリックしてログイン画面より、
先ほど登録した、ユーザー名、パスワードを入力してログインしてください!

ダッシュボード画面が表示されれば、ログイン成功です!

WordPressのローカル環境終了です。

まとめ

環境構築は難しく挫折かもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。

これでサーバーやドメインを契約せず、ローカル環境でWordPressを楽しむことが可能に!

ローカル環境に慣れてからブログを開設したり、ローカル環境でアフィリエイトサイトを構築する際にはとても便利!

ドメインを取得してローカル環境のデータをレンタルサーバー内に設定し、本番環境を整える方法については別記事で紹介したいと思います。

スポンサーズドリンク

-カスタマイズ, ワードプレス, Web・コンピューター
-

Copyright© すけたろうの雑記帳 , 2020 All Rights Reserved.