スポンサーズドリンク




ニンニク 野菜

高級にんにく ホワイト6片の栽培 種植え

投稿日:

dsc02365

ニンニクとは?

dsc02363

ニンニクはユリ科で中央アジア原産とされる香辛料や強壮剤、疲労買う服に使用される野菜である。

ありシンという物質が強烈な臭い匂いを発する。
糖質、ビタミンB1、が多く古代エジプトではピラミッド建設労働者の疲労か行く服にも使われていたという記述か残っているとか。

国産 青森県産のホワイト6片

日本国内のニンニクは中国産が出回っている。
中国産は10〜20くらいのニンニクに分かれるが、ホワイト6片はその名の通り、分けてみたらちょうど6個になる。

dsc02364

ニンニクひとかけらの大きさもかなり大きい。

dsc02368

ニンニク栽培 種の植え付け

dsc02372

植え方にもいくつかあるが、スコップで穴を掘って分けた種を5〜6cm土をかぶせる。(覆土)

収穫時期は5〜6月。
草むしりが嫌なのでマルチシートを畝に張ってマルチに穴を開けて種まきした。

dsc02373

dsc02375

株間はかなり適当。
15〜20cm間隔で植えると良い。
合計12個植えた。自宅で消費する程度の量。

ニンニクは多量の肥料が必要な野菜、俗に言う肥え食いというやつで、こまめに肥料をあげないと種のように大きくならない。

まとめ

ホワイト6片は寒地系のニンニクなので大きく育つかどうか見ものである。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ニンニク, 野菜
-

Copyright© フィールドログ , 2017 All Rights Reserved.