Web・コンピューター

グーグルマップで過去の航空写真を見る方法 いろんな場所の今と昔

更新日:

国土地理院の航空写真が面白い!

スクリーンショット 2016-08-09 23.39.47

当ブログにお越しいただきまことにありがとうございます。

TOKIOの人気番組「鉄腕ダッシュ」で古地図を使った新しい企画をしていました。
東京の今と昔を比較することのできる古地図アプリがあるそうです。

都会ではありつあらゆるサービスが利用できるんですね。
とても羨ましいです。

田舎の昔の地図や風景を確認する方法がないかググってみたところ、とても面白いウェブサイトを見つけました。

それは国土地理院の過去の航空写真。
当記事の下記にURLを記載しておきます。
参考までに最後までご覧ください。

下のURLをクリックしたら日本地図が出ます。

左上のバーを1975年に合わせると日本各地のほぼ全ての過去の航空写真が見れるんです!

約40年前の航空写真を使って今と昔を比較、タイムスリップしてみた。

過去の航空写真と現在の航空写真を比較してみた

初の本州と四国をつなぐ瀬戸大橋


1975年の瀬戸大橋がかかる前の香川県坂出市と岡山県児島


現在の瀬戸大橋

四国と本州を結ぶ瀬戸大橋。
橋ができるまでは兵庫県神戸市から高知市まで約12時間かかったという話を聞きました。
当時は神戸市、明石市、倉敷あたりから船で四国に渡り一般道路を通って行ったんです。

四国と本州をつなぐ橋はもちろん、高速道路もきちんと整備されていませんでした。

瀬戸大橋と高速道路ができて神戸から高知までは約4時間で行けるようになりました。

今じゃ考えられないな。
文明の力というのは本当にすごい!
ありがたいことです。

瀬戸大橋は本州と四国を結ぶ橋の中で最初にできた橋。
そして3つある橋の中で唯一高速道路の下を電車が通ることのできる仕組みになっている橋です。

瀬戸大橋ができたことで車、飛行機だけでなく電車でも気軽に四国を旅行・観光できるようになりました。

愛媛県今治市と広島県尾道市をつなぐサイクリングの聖地「しまなみ海道」


1975年頃の愛媛県今治市と大島の航空写真


現在の来島海峡大橋の航空写真

続いては愛媛県今治市と広島県尾道市をつなぐ西瀬戸自動車道、通称「しまなみ海道」の今治側の現在と過去の航空写真。

本州と四国を結ぶ橋は瀬戸大橋と明石海峡大橋(鳴門海峡大橋)、そしてこのしまなみ海道なんです。
しまなみ海道は大島、伯方島、大三島、生口島、因島、向島の島を橋で結んだ高速道路の通称。

しまなみ海道は本州と四国をつなぐ橋の中で唯一、自動車専用道路の側道を歩行や自転車、原動付自転車(原付)で通ることのできる橋なんです。

近年はサイクリング大会も行われのサイクリングの聖地(メッカ)として人気になってきています。
日本人だけではなくアメリカやヨーロッパ、台湾などのアジアからも多くのサイクリング客がしまなみ海道を訪れています。

詳しくはこんな記事も書いています。
よければご覧ください。

瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ」に行ってきた

当然ながら昔は全く何もない状態からよくあんな大きな建造物を作ったなと驚きます。
工事の様子は来島海峡展望館に写真が展示されています。

多々羅大橋


来島海峡大橋から見た瀬戸内海の朝焼け

現在と過去のJR大阪駅前

スクリーンショット 2016-08-09 22.57.41

スクリーンショット 2016-08-09 22.58.19

大阪駅の様子。
大阪駅北側は1990年代まで電車の車庫だったような気がする。

2000年代に入ると急速に再開発が進められて、ヨドバシカメラなどの商業施設も多くできましたが、旧国鉄の車庫はいまだに更地になったままです。

2022年サッカーW杯(ワールドカップ)で日本に開催地が決まっていれば大阪の北側に決勝のサッカースタジアムを建設するという話もあったような気がします。
2022年のW杯はカタールに開催することが決まっています。

残念orz

難波 南海ホークスの大阪球場(難波球場)

 

スクリーンショット 2016-08-09 22.59.13

大阪鶴見緑地と南海ホークスの本拠地、大阪球場。
難波にあるこの球場に子供の頃と大人になってから行ったことがある。
大人になってから行った時は住宅展示場になっていた記憶があるが今は別の商業施設になっています。

鉄腕ダッシュ DASH村

スクリーンショット 2016-08-09 22.49.52

スクリーンショット 2016-08-09 22.50.29

現在と過去のダッシュ島。

下の方が過去の写真。畑っぽいところも見えるような気がするが、まだこの頃は人が住んでいたのかな?

国土地理院の航空写真の使い方

簡単に使い方の紹介を書いておきます。

http://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/webmap/map/lmap.html?data=history

  1. 上記のURLをクリック。
    すると下記のようなサイトに移動します。
    右側のメニューの1975年以降の空中写真をクリック。
    国土地理院過去の空港写真の使い方
    1947年や1963年の空中写真もありますが、都会のみで田舎の画像はありません。
  2. 赤くなったところが航空写真を見ることのできる場所です。

    地図の拡大縮小

  3. 地図を拡大すると昔の自分の住んでいる街や過去に住んでいた田舎の航空写真を見ることができます。東京湾の航空写真

上記は1975年の東京湾の航空写真です。
拡大していけば住宅やビルディングなどを見ることができます。

左下にある「No Deta」という部分は拡大しても何もありません。

使い方は以上です。

まとめ

下記のURLをクリックして見てください。

http://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/webmap/map/lmap.html?data=history

今ある建物や道路など昔はどうなっていたかを知る手がかりになります。
それを無料で見ることができます。

ということで、自分の住んでいるところや、故郷の過去の航空写真を見ると結構面白いぞ!

参考
http://plus.appgiga.jp/masatolan/2013/04/22/45338/

 

スポンサーズドリンク

-Web・コンピューター
-

Copyright© フィールドログ , 2018 All Rights Reserved.